徹底比較!中国地域上場企業の売上高・営業利益率分析

公開:2021年5月27日

経営コラム

中国地域の上場企業の財務状況のうち売上高・営業利益(営業利益率)についてまとめました。売上高・営業利益率の上位企業をピックアップし、中国地域の上場企業の実態を把握していきたいと思います。売上高だけではなく、営業利益率を把握することで、改めて地域上場企業のビジネスの強みが浮かびあがってきました。

記事のポイント

  • 中国地域上場企業95社の特徴は「中国地方の上場企業は、確かな営業基盤をベースに、しっかり稼いでいる」。
  • 売上高・営業利益率で中国地域経済の外観を俯瞰。

全95社!中国地域上場企業の売上高・営業利益率比較

中国地域の上場企業は95社です。下記の表は当該95社の売上高と営業利益率を基準にマッピングしたもので、各都道府県別に色分けしています。こちらの表で確認できるのは、①売上高1,000億円未満、②営業利益率がマイナスの会社は少ない、という点です。ここから「中国地方の上場企業は、確かな営業基盤をベースに、しっかり稼いでいる。」と言うことができます。そういった意味で、中国地域の上場企業へ提案する際は、着実なご提案が好まれるかもしれません。 (出典:各社IR資料等に基づき筆者作成)
※なお、表の見やすさを確保するため、下記の企業を上記表から除いています。
①マツダ 売上高 35,646億円 / 営業利益率 2.3%
②ファーストリテイリング 売上高 22,905億円 / 営業利益率 11.2%
③中国電力 売上高 13,769億円 / 営業利益率 1.4%

中国地域上場企業、売上高・営業利益率TOP3

中国地域の上場企業の売上高上位3社、営業利益率上位3社は以下のとおりです。

【広島県】
売上高 営業利益率
1位 マツダ 35,646億円 ローツェ 18.5%
2位 中国電力 13,769億円 自重堂 13.0%
3位 イズミ 7,321億円 アスカネット 12.9%
【岡山県】
売上高 営業利益率
1位 クラレ 5,758億円 滝澤鉄工所 10.0%
2位 ベネッセHD 4,394億円 クラレ 9.4%
3位 大黒天物産 1,834億円 サンマルクHD 9.1%
【山口県】
売上高 営業利益率
1位 ファーストリテイリング 22,905億円 山口FG 20.5%
2位 東ソー 8,614億円 アルファクス・フード・システム 18.2%
3位 宇部興産 7,301億円 東ソー 12.3%
【鳥取県】
売上高 営業利益率
1位 寿スピリッツ 407億円 日本セラミック 16.8%
2位 日本セラミック 185億円 寿スピリッツ 14.5%
3位 鳥取銀行 142億円 鳥取銀行 11.3%
【島根県】
売上高 営業利益率
1位 山陰合同銀行 908億円 山陰合同銀行 19.7%
2位 ジュンテンドー 435億円 島根銀行 5.8%
3位 島根銀行 85億円 ジュンテンドー 0.0%
※地域金融機関については、経常利益率を営業利益と仮定。 各県における上場企業の売上規模や営業利益率を俯瞰することで、その地域経済の特色が把握できます。